2016年09月30日

三井ホームの60回の実験より、29回の206の耐震実験がポイント!



三井ホームの事情について、私はあまりにも「さとし」さんの情報に頼り過ぎていたことに 気がついた。
そこで、三井ホームのウェブサイトを開いて、今回の実験の情報を探って見ることにした。

Http://www.mitsuihome.co.jp/lp/jikken/

この欄を開くと、三井ホームは国立開発法人・土木研究所と一緒に今年の6月2、3日に3階建の206の住宅で、最大加速度4176ガルの実験を29回も行っていたのですね‥‥。
三井ホームは、「寒冷地の北海道を除いて、内地は 206材にロックウォール系の140ミリの断熱材を充填させるだけで十分だ」 と考えていたのだと思う‥‥。
たしかに、北海道では 206だけでは心細い。 どうしても100ミリ程度の外断熱が 欲しくなってくる。 しかし、それをやると、途端にどの現場を見ても耐震性が落ちてしまう。
最近、内地で105センチの在来木軸の外側に100ミリ程度のロックウールを 外断熱として施工する例が増えてきているが、私はあまり感心していない。
やはり、206材の充填断熱材を応援したくなってくる。

そして、他社の大手メーカーが震度7の実験を2回行い、大々的に全面広告したのに 脅威を感じた三井ホームは、今年の7月11、12、13日と、3日間にわたり急遽壁倍率10倍 (これはどこまでも1階建で、2階建だと壁倍率は8倍に落ちるという) という特殊な壁で、「60回の震度7にも倒壊しなかった」 と、大きな声を上げるに至ったよう。
特殊な金物などを使った壁倍率10倍の壁は、何と76坪で坪単価が63万円。 あまりの高さに、声が途切れたほど。
私は206で29回も震度7に耐えた実験の方を 高く評価したい。 三井ホームは、なぜ204の壁に拘ったのだろうか‥‥。
それにしても、北海道が世界に先駆けて開発した壁内結露を防ぐための外壁通路が無視されている点が、若干気になるところだが‥‥。
そして、上の2つの実験模様をとくと見て欲しい。
まず、基礎がベタ基礎で、非常に頑丈なことが分る。
私も何回か実物大実験を行ったか、これほど剛性を持った基礎は珍しい。
その上に乗っかっているダブル・シードと呼称している壁パネルも、屋根を構成している 両面にOSBを張り、ポリスチレンを充填したパネルも、見ていて何の不安も感じさせない。
いわゆるモノコック構造によるツーバィフォーの強さを遺憾なく発揮している。
いいですか。ヅバィフォー工法というのは、特別に太い柱や集成梁を使う必要がない。
ありふれた204や206の柱で十分。
そして、410とか412の梁材を必要としていない。 そこいらにある210材や212材で十分。
それを厚い合板やOSBでプラットフォームを構成してやれば、やたらに耐震性の強い建物に変身してくれる。

しかし、最近はやたらとタテ長の在来木造建築が注目されるようになってきている。 この傾向には、私は何1つ反対はしていない。
しかし、CRT (クロス・ラミネーテッド・ティンバー) などの動きを見ていると、5~6階建に照準を合わせるのあまり、はなはだムリをしているように感じてならない。 本当に消費者は、高いカネを出しても、木造の高層建築を求めているのだろうか?
ドイツの消費者のようにRC造で、内装には木材を使うが、外断熱として100ミリ程度のロックウール造を求めているのではなかろうか?

たしかに、私かツ―バイフォー住宅に取組んだ時には、住宅金融支援機構の若手技術者も 燃えていた。 1ヶ月も泊まり込んで、金融支援機構の枠組壁工法の標準仕様書を完成させた。
彼らの熱意に煽られて、私も1週間に亘ってアメリカの建築現場をじっと眺めた。 それは まさしく眺める毎日であった。 私は 日本の現場へも頻繁に通っている。 日本の建築現場からは学ぶことはほとんどなかった。 ところが、アメリカの現場には学ぶべきことがあまりにも多かった。
アメリカの大工さんは、日本と違って高い生産性を上げるために 7~8種の職種に分かれている。
そして、どの職種も眼の色を変えて仕事に取組んでいる。
例を上げると、枠付きドアの取付。 どの大工さんを測定しても、1ヶ所3~4分程度しか かかっていない。 それほどの生産性の高さと丁寧さが全職種に及んでいて、アメリカの現場は何1つムダがなく、全てが参考になった。
アメリカの現場へ入るということは、徹底して 「学ぶ」 ということであった。

こうして、私はアメリカの現場から学び、それを支援機構の標準仕様書に活かしたはずだった。
だが、アメリカの建築現場から徹底的に学んできたのは私ぐらい。
一条工務店や三井ホームなどはアメリカから一切学ばず、日本の在来の大工さんのしきたりや生産性が低くてクレームが多発する古いやり方を踏襲したまま‥‥。
完成した現場のみを見ていた時は、彼らの日本流のやり方の欠点が私には見えなかった。
しかし、一条工務店や三井ホームの現場での仕事振りを見た時、「よくこれでクレームが起らないものだ」 と思わず吹き出したほど‥‥。
それほど、日本のツーバイフォーや在来木軸の現場は酷い。
つまり、アメリカから生産性の高いツーバイフォー工法を 導入したはずなのに、その生産性の高さは一向に活かされず、古い大工さんのしきたりに、埋没している。

とは言っても、中小の住宅メーカーは何となく頼り甲斐がない。
そう考えている消費者が多いのではなかろうか。
限られたエリアだが、紹介したい業者はいる。
しかし、全国的な規模になってくると、私には発言権がなくなってくる。
少しでもその壁を打開したいと思っているのだが、自分も歳をとってくるので、なかなか叶わないというのが、悲しいかな現実。




posted by uno2016 at 08:32| Comment(0) | 技術・商品情報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。