2016年11月29日

本当に健康で、100年間性能が劣化しない住宅は可能か?  (中)




まず、前回の表の間違いを訂正したい。
北海道Ⅰ地区のQ値は1.6W/㎡k、東北Ⅱ地区1.9W/㎡k、東北Ⅲ地区2.4W/㎡k、関東以西Ⅳ地区2.7W/㎡kまでは記述どおりで正しい。 ただし、関東以西Ⅴ地区は同じく2.7W/㎡kであり、沖縄のⅥ地区が3.7W/㎡kとなる。
同じくUA値では、北海道1と北海道2はともに0.46Wであり、東北3が0.56Wで、東北4が0.75W。
そして関東以西の5.6.7地域がそれぞれ0.87Wであり、沖縄が(-)になっている。
文字の多寡により、数字の位置がズレたことを、まずお詫びしたい。

さて、いよいよ本論。
その前に、前回2回にわけて 「住宅の100年劣化」 問題を取上げるつもりだと書いた。 しかし 4つの問題点を取上げた関係上、とても2回では終わりそうになく、3回にも及んだことを、併せてお詫びしたい。
住宅の 「気密性」 に関しては、今までに本格的に議論されたことがなく、私も安直に考えていた。 その考えの甘さを、まずお詫びしなければならない。

この著書では 震度7を記録した1995年1月の阪神淡路大震災や、2011年3月の東日本大震災のことも取上げており、「現在のところ過去20年間に震度6以上の地震が42回もあり、年に2回以上は震度6以上に見舞われている勘定になる。 したがって、最低限 震度6の地震に耐える住宅で なけれはならない」 と、警告を発している。 それが、あまりにも他人事のように書かれているので、大変に気になった‥‥。
すでに書いたことだが、私は阪神淡路大震災は 「大阪では大きな地震がめったに起らない」 と大工をはじめとした 建材業界がタカをくくっていて、3寸の通柱とか9センチ角の通柱を平気で使っていた業界にこそ、大部分の責任があると断じざるを得なかった。
建材業者に聞いた話では、「運送の途中で通柱が折れることがあるので、ソロソロと注意をしながら材料を運んでいた‥‥」 と証言した。 こんなありさまだったから、神戸の市内の住宅は 軒並みに通柱が折れ、1階で寝ていた老人をあっという間に殺してしまった。 阪神淡路震災の直後に 私も神戸を視察したが、あの現場は 《殺人事件》 の現場以外の 何物でもなかった。 何しろ、鉄筋の入っていない現場が半分近くもあるのには呆れてしまった。
また、2011年の東日本大震災は、その揺れる時間が長時間に及んだことと、想定外の津波の被害が大きかったことを除けば、耐震面ではそれほど大騒ぎするほどのことは皆無。

私が今までに出会った地震の中で、もっとも被害が大きく、直下型の地震の怖さを知らしめてくれたのは、2004年暮れの中越地震。
何しろ、私は地元の渡部建設社長に、4度も川口町の最烈震の現場を案内してもらった。
最初に「新潟地震」 を聞いた時は、私の関心事は地元にツーバイフォー建築物がどれだけ建てられているかということにあったのは事実。 たしかに、長岡市とか小千谷町にはツーバイフォー住宅が建てられていたが、地震の中心部はことのほか積雪が深い地域。 ほとんどは1階はコンクリート製の高床住宅で、冬期は2階から出入りしている。 4寸角の通柱を使った在来木造住宅地域だと聞いて、がっかりしたことを覚えている。
ところが、この地方では トステムのスーパーウォール工法が好評で、かなり売れていると聞いていた。 このスーパーウォール工法は在来木軸工法で、外壁に構造用合板を張っており、内壁は12.5ミリの石膏ボード仕上げ。 幸いなことに、スーパーウォール工法だと十日町周辺で頑張っている地場の工務店を知っていた。
早速電話をして、震度6地域での被害状況を案内してもらった。
ところが、震度7の烈震地は川口町に集中していることを知り、トステムの紹介で地元最強の工務店・渡部建設を紹介してもらった。 この渡部建設は、地元の役所から頼まれて、川口町周辺の烈震地の情報には詳しかった。 といのは、その烈震地の中に何棟かのスーパーウォール工法の建築物を建てており、消費者に密着していて スーパーウォール工法に関しては、一番ピチピチした活きた情報を持っていた‥‥。

これほど恵まれた取材はない。
渡部建設の社長は、アケスケに問題点を指摘して、企業秘密になるようなとこまで見せてくれた。
その貴重な取材報告は、私のホームページの 「05年以前の今週の本音」 欄に掲載していたので、その欄を見ていただこうと考えた。 ところが、私のホームページの主催者は、「10年以上の昔の話は色あせており、価値がない」 と判断したらしい。 調べると、「06年の今週の本音」 を含めて、10年以上の古いデーターはすベて抹殺。
そんなことも知らずに、呑気に 無料サービスの昔のデーターを調べて頂こうと考えた私の意識に問題があったようだ。
改めてお詫びを申したい。

この4日間の 「中越地震の調査」 を通じて、私は松本氏の著書には出てこない貴重なことを学ばせて頂いたと考えている。
①つが、直下型の震度7という揺れがもたらす在来木造住宅の被害の大きさである。
②つは、損傷した気密性能を回復するための工事の難しさ、である。
③つは、RC造の気密性能の再確認である。 RC造の断熱性を高めるために取っているドイツの手法から学べる点が非常に多いのではないか、ということ。
④つは、木質パネルの重要性の認識の重要性と、アメリカやカナダなど 北米における耐火性を高めるためのドライ・ウォール工法の再認識。 
この4点について、「百年健康住宅」 は、あまりにも楽観的にすぎると考える。 問題の所在を意識的にはぐらかしているか、わざと隠していると思える点が多々見られた。
それでは、4つの問題点について、1つずつのんびりと考えて行きたい。

まず、中越地震の烈震地の在来木軸工法の被害のひどさ。
私は、最初は震度6程度の、十日町周辺のスーパーウォール工法の被害調査から入った。
どの家でも積雪2メートル以上の地域なので、最低でも4寸柱を使っており、なかには5寸の通柱を採用している住宅もあった。 その5寸柱の家も倒壊していた。
その中で、烈震地にあっても 倒壊していなかったのがスーパーウォール工法。 しかし、ほとんどのスーパーウォール工法の現場では、内部のボード工事には損傷が見られた。 ひどいのは、開口部周辺の亀裂。
しかし、スーパーウォール工法は、外壁に構造用合板を採用していたので、開口部周辺の亀裂の被害は非常に少なかった。 変わりに目立ったのは、ボードの隅部に張られていた 45ミリとか90ミリという細いボードの破損。 これは、全戸で発生していた。
つまり、北米やのツーバイフォーのように、4×8尺の石膏ボードを先端を切落して横張りで採用しておらず、日本のツーバイフォー工法が開発した間柱に、450ミリ離れた 38ミリの間柱から石膏ボードを張出すという方法も採用していなかったので、日本の在来木軸工法にまとわりついている固有の欠陥。 スーパーウォール工法だけを責めてもしょうがない基本的欠陥。
おそらく、FPの家でも、在来木軸工法の伝統を守っているはず‥‥。 だから、震度6強でも同じような問題が起きているはず。 よく震度6でも問題ないと断言できるその強心臓ぶりには、思わず降参。
そして、渡部建設に案内してくれた川口町の烈震地・武道窪ではスーパーウォールを除いた20戸全部が倒壊し、田麦山では100戸ある住宅のうち、「90%近くは全壊して 住めないのではなかろうか」 と、渡部社長は語っていた。
4寸柱の全戸が倒壊しているのですよ。 この被害を見た時、私は直下型の震度7の怖さに、身震いさせられた。

そして、武道窪で1戸だけ倒壊を免れたスーパーウォールに住んでいる奥さんが、「たしかにわが家だけが残った。 そのことに関して 住宅メーカーと工務店の努力に対して感謝の気持ちで一杯。 だが倒壊しなかったというだけで、かつてのわが家とは全然違う。 気密性が失われて、前の坂道を走る車の音に悩まされて眠ることも出来ない。 この気密性能の損傷は、誰が どういう形で保障してくれるのでしょうか?」
奥さんに言われて、私も“ハッ”と気付いた。
最近では、猫のシャクシも高気密を叫んでいる。 しかし、その中に 「気密性を保障します」と言っている人は本当にいるのだろうか? 今の法律体系では、家が倒壊しなくて、命が助かれば良しというものではなかったか?
「震度7強の地震が来ても絶対に大丈夫だと保障をし、気密性能は50年後でも1.0c㎡/㎡を保障します」 と言い切れる会社が、この世に本当にあるのだろうか?」
もし、1.0c㎡/㎡の性能を保障すると言うことであれば、1戸に対して最低2000万円は必要になってくる。 川口町の烈震部だけで安く見積もっても、最低40億円は必要になる。 こうした費用は、現行の法体系では、全て消費者の負担になるのではなかったか?

これが、私が12年前の川口町で感じた恐怖。
そして、私の力では何とも出来ない無力感。 明大の元教授で東大元講師であった 「日本の木質構造の神様」 と尊敬されていた杉山英男先生のお力に頼るしかないのではないか…。 そう思った私は、新潟地震の問題点を整理して、杉並の先生邸へ伺いしょうとしていたその日に、杉山先生の逝去を知らされた。
唯一頼りにしていた杉山先生の逝去は、予想以上に重いものだった。 以来 私のなす術はすべてなくなったと考えてよい。

もし 松本氏が、「その保障を 約束してくれるのなら、喜んで近大ホームをヨィショしたい」 と言うのが、私の基本姿勢。 しかし、氏の著作を読んでも、残念ながら 「気密性能」 に関する保障の件では、残念ながら読みとれない。 
私の読み落としであることを、どこまでも祈念したいと思うのだが‥‥。




posted by uno2016 at 16:45| Comment(0) | 技術・商品情報 | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

本当に健康で、100年間性能が劣化しない住宅は可能か? (上)

今年の1月に、本著が出版されたことは知っていた。 しかし、わざわざ買って読みた
いほどでもなかったので、そのまま放置していた。 
ただ、本日図書館で目に入ったので借りてきた。 この本を読んで、言いたいことが山
のように積まれた。 その中で、ポィントだけを2回にわたって掲載したいと思う。

著者の松本祐氏は 1949年生まれと言うからまだ67歳と若い。 近代ホームを創設し、
現在は同社の名誉会長。
ともかく、「外断熱住宅はもう古い。 これからは高気密・高断熱の健康住宅の時代だ
」 と叫んで10冊近い出版物を出している。 私よりも5年遅れでこの業界へ飛び込んで
きた異端児。
私にとっては子供のような存在であり、下手に扱うとトバッチリが飛んでこないとも限
らない厄介な存在‥‥。
この本は、人生は100歳まで生きて当り前の時代になってきた。 したがって、百年健康
住宅は当前の時代になってきた…という大前提で、これから建てるのなら、「最低百年
間は長持ちして、健康を守ってくれる高気密・高断熱住宅を選択しなければならない」
と説いている。
その限りでは、まったく異論がない。
しからば、近大ホームに自宅の建設を依頼するかと聞かれれば、正直なところ私は二の
脚を踏んでしまう。

ご案内の通り、住宅の断熱性能は今まではQ値て表現されてきた。 例えは20年前のカナ
ダ政府が開発したR-2000住宅の場合は、Q値 (熱損失係数) が1.3~1.4W/㎡kであった。

したがって、高断熱住宅というのは、Q値は1.4W/㎡k以上のことを指すのであり、最近
ではQ値が1.0Wを割ったものでなければ、高断熱住宅と呼べないと言われるまでに進化
している。
たとえば、北海道の最低Q値は1.6W/㎡kで、東北が1.9~2.4、関東などの内地は
2.7W/㎡kで、沖縄は3.7W/㎡kである。
その中で、一条工務店のQ値0.51W/㎡kという i-スマートシリーズ Ⅱは光り輝いてい
る。
ところが、平成25年からUA値 (外皮平均熱貫流率) と呼ぶように変更されて、私のよう
に長い間Q値で育った人間には、なかなかUA値の数値には馴染めないでいる。
いちいちQ値に変換しないと、その有難さが、理解出来ないのだから嫌になる。

今までは、全国をⅠⅡⅢⅣⅤⅥの6つの地域に分けられてQ値が表示されていた。
それが平成25年の基準ではUA値がに変わり、8つに分類されるようになった。
●Q値 (熱損失係数 W/㎡k)
北海道Ⅰ地区 東北Ⅱ地区 東北Ⅲ地区 関東以西Ⅳ地区 関東以西Ⅴ地区 沖縄Ⅵ地区
 1.6W/㎡k  1.9W/㎡k  2.4W/㎡k   2.7W/㎡k   3.7W/㎡k
●UA値 (外皮平均熱貫流率 W/㎡k)
北海道1 北海道2  東北3  東北4 関東以西5 関東以西6 関東以西7  沖縄8
 0.46   0.56   0.75  0.87   0.87    0.87         -

この分類で旧来のQ値1.6W/㎡kは、AU値で言うならば0.46W/㎡k前後だと言うことが
何となく分かる。
つまり、本著で言っているところのUA値0.32~0.49Wは、大まかに言ってQ値では1.1~
1.7W/㎡kということになる。 北海道の基準値は上回っているが、しかし1.0W/㎡kは
切っていない。 高断熱住宅と呼ぶには、少し物足りないという気がどうしても起こる。
そして、決定的なことは硬質ウレタンの断熱パネルを床・壁・天井に施工していると何
回も強調しているが、その厚みや施工方法については何も語ってはいない。
同社のホームページを拝見すると、半分はFPの家で、90%以上は在来木軸に依存して
いるよう。
一部にはセキスイハウスによる軽量や重量鉄骨造や、一条工務店のi-smart などを紹
介しているが、どこまでもFPを中心とする在来木軸工法の住宅群だと考えるべきだろう。
ただ、3寸角の柱の充填断熱として 10.5c㎡厚の硬質ウレタンを施工しており、「高気
密・高断熱住宅オンリーの会社だ」 と断言しているようだ。

同社の住宅を、「高断熱住宅業者」 と言うには、どうしても抵抗がある。
最近の私は、東京周辺の住宅でも206材を使った最低140ミリの断熱材を入れたもので
ないと、「高断熱住宅とは言えない」 という確信めいた考えが芽生えている。つまり、
Q値で1.0W/㎡kを上回る性能を持っていることが不可欠の要件だと思うようになって
くる。 そういう意味では、一条工務店の206の壁140ミリ+50ミリの外断熱が、ピッタリ。
筆者は床と外壁は16キロ (熱伝導率 0.046W/mk) のグラスウールだと200ミリ相当、
天井は300ミリは必要だと説いている。 熱伝導率が0.023Wの硬質ウレタンフォームを外壁
に採用しているから、10.5センチ厚でもそのように断言できるのだろうが、私の唱える
140ミリ厚だと34%のオーバーになり、硬質ウレタンだとQ値はかぎりなく0.8Wに近付く。
つまり私は、高断熱住宅と言う以上は、Q値を1.0Wを切って欲しいというのが本音。

一方、「高気密」 の方は、全ての住宅で隙間相当面積を検査するのが大前提。
私の経験では、外壁断熱材には15kgではなく24~32kg/m3品を採用してきたが、断熱材
はすべてグラスウールであったことは間違いない。 このため、べバーバリアを入れて
も、気密性能なかなか0.5c㎡/㎡を突破するのは容易ではなかった。
北海道と内地の業者で、コンスタントに0.2c㎡/㎡を突破している業者がいるが、これ
は1階部分のべバーバリアをダブルに入れているから可能に‥‥。
たしかに ダブルにべバーバリアを入れることに賛同したいのだが、このダブルにべバ
ーバリアを入れた住宅の空調換気工事を施工した空調業者は、「2度と 同じ工事はやり
たくない。 大変な赤字に泣かされた」 と 発注した私に泣きついてきた。
そんなこともあって、1階のべバーバリアをダブルにした方がよいかどうかで、未だに
迷っている情けない有様。

その点では硬質ウレタン10.5c㎡の充填断熱考えている筆者の場合は、外壁と床や天井
等との結合を考えるだけで良く、この25年間の平均気密性能は、「0.5c㎡/㎡以内に納
まっている」と著者は断言している。
たしかに、挙げられている13者の場合の数値は、すべて0.2~0.7c㎡/㎡以内。
しかし、0.2c㎡/㎡と言う数字には、簡単に納得出来かねているというのが現実。
posted by uno2016 at 17:09| Comment(0) | 書評(建築・住宅) | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

NHA (心を育てるアプローチ) と言う言葉を聞いたことがありますか?

山本麗子著 「逆転のコミュニケーション法  NHA のこころを育てるアプローチ」(じ
ゃこめてい出版 1300円+税)

91Kvc3GLeML.jpg

最近、やたらに 「ほめ言葉」 が叫ばれるようになってきた。
経済関係の著書でも、この「ほめ言葉」の重要性を唱える記事が多くなってきている。
「ほめ検定」 という言葉が流行しているほどだと聞く。
昔の日本の諺に、「豚もおだてりゃ木に登る」 という言葉があるくらいで、やたらに
「ほめ文化」 が流行っているらしい。 ところが最近の若者は 「ほめ言葉」 に強く
、「ナイス」 と言われた程度では、ほめられた気がしないらしい。
したがって 「ほめ検定」 という言葉が流行しているように、中高年の管理職には若者
をおだてて、その気にさせるのは大変なことらしい。

ところで、皆さんはNHA (The Nurtured Heart Approuch) という言葉を 聞いたことが
あるだろうか? 意味は「こころを育てるアプローチと言って、若い人の心を掴む 新
しいコミュニケーション術らしい。 正直言って私はこの書を読むまでは、NHAなどとい
う言葉すら 知らなかった。
まして、「逆転のコミュニケーション法」 だと言われても、トンチンカンも良いとこ
ろ。
この学説を唱えたのはアメリカのハワード・グラッサーさんで、すでに世界には有資格
の認定のトレーナー2000人が頑張っていて、あっという間に全世界に拡がった思考法だ
という。
私も最初は、大変に難しい思考法を想定していた。
何しろ、この本を書いた山本麗子さんというのは、心理カウンセラーとして日米で活躍
中の現役。 その心理カウンセラーという肩書に、ビビったという面があったとしても
許されるだろう。
それに、この著書も見出が大変に難解。 よほど難しいことがかいてあるような気がし
て、読みはじめるまで時間がかかった。
なんと言うことはない。 難しそうな表現を一切やめて、この著書の題名を 「簡単な N
HA 法を体得するだけで、貴方もカウンセラーになれる!」 とすべきだった。 「逆転
の コミュニケーション」 などと言われても、その意味を正しくが理解できる人が、ど
れほど居ようか。

筆者は 「心理カウンセラー」 として、全国の母親や里親から、毎日山のような相談を
受けている。 「子供が、発育障害と診断された。 どう対処したらよいのか?」 とか
、「子供の盗みが見つかって警察に呼ばれた。 どうしたら良いのでしょうか‥‥」 と
か、「30歳台の子供が鬱で、精神科の入退院をくりかえしている。 毎日のように死に
たいとい言う。 家族として何とかできることはありますか?」 とか、「うちの里子は
、PTSD (心的外傷後ストレス障害) の診断を受けているが、虐待されているようだ。
どう対処したら良いか?」 などなど、相談ごとは尽きない。
外部のカウンセーリングのほかに、我が子も夫も自分の思うようにならなくて、家庭が
破壊寸前になってきた。 しかしADHD (注意欠除・多動性障害) の本を読み、「子供や
夫の不満が、より自分の存在を知って欲しい」 ことに原因があることを知り、思考錯
誤してなんとかして NHA の本にたどりつくことが出来た。
そして、夫もこの本を読み、子供の意図も分ったので、なんとか我が家の中に平和を取
り戻すことが出来た。
いらい筆者は、 NHA 熱烈なファンになり、この NHA の伝道者として、六面八ピの活躍
を 続けている。 そして、本職の心理カウンセラーの方もうまくいっていると言うから
、文字通り鬼に金棒‥‥ということらしい。


この NHA の説明は難しい。  私などは「厳罰主義の教育論」の中で育ってきているの
で、「少しでも子供のよいところを誉めましょう」 と言われても、ぴんとこない。
40歳台の英語の女史教授が、NHA を使って成功した例が示してあった。
とある女子学生は、ふざけたり、おしゃべりで授業の進行を邪魔するので悩みのタネ。
「ここは、特別にカネと時間を使ってわさわざ学ぼうとするところよ」 「やる気がな
いなら、お父さんやお母さんを呼んでやめてもらいます」 「休みの時間は、いくらお
しゃべりしてもいい。 しかし覚える時間は覚えましょうね」 とすごいエネルキーで注
意しても、黙るのは一瞬。
その時、NHA に出会い、今までの 「出来て当り前」 だったレベルを下げて、その子の
可能性や、出来ていることの素晴らしさほめるシャワーを浴びせはじめた。
いままでは、「おしゃべりとおふざけ」 を止め指すことに 大きなエネルギーを使って
いたのだが、そのふざけ行為がなくなったきたのだ。 その瞬間を見逃さず、「言葉に
して伝え、祝いました」 という。
面白いように、その子が変わり始めた。 最初は、けげんそうで、恥かしがっていたが
、3ヶ月で完全に変わってくれた。   このような体験談を聞くと、私のように 「厳罰
主義」 の中で育ってきた人生訓そのものを、変えねばならないことに気付かされる。
posted by uno2016 at 23:32| Comment(0) | 書評(その他) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。