2016年11月15日

アメリカの大統領に、もっともふさわしくないトランプ氏が就任。

アメリカの大統領に、最もふさわしくないとすべての全世界の人々が考えていたトランプ氏が、
10日の現地の午前中の時点で、538人のうち過半数の290人以上の大統領選挙人を得て
当選をはたした。 クリントン女史は232人と及ばずアメリカの大統領に、もっとも
ふさわしくないトランプ氏が就任。
まれに見る接戦で、投票総数では クリントン女史が上回るかもしれなしが、アメリカの大統領
選挙はどこまでも選挙人を選ぶ選挙。 トランプ氏の優位は変わらない。
そして、トランプ氏を支持した人々の多くが、「まさか トランプ氏が当選するとは、考えても
いなかった」 と述懐しているように、今度の選挙結果は、世界を“あっ”と言わせたものであった
ことは事実。
どの予測を見てもクリントン女史が圧倒的に有利な情報ばかり。 とくにカリフォルニア大の世論
調査では、クリントン女史を支持する声が95%も占めていた。 この結果を見た時、正直なところ、
私もクリントン女史の当選を信じて疑わなかった。

とのろが、「クリントン女史が有利!」 という世論調査の情報が、今回のトランプ氏の当選に
結び付いているから皮肉。
①まず、クリントン女史を支持していた多くの若者が、絶対有利の情報に安心して、投票に
行かなかったこと。
②つは、逆にトランプ氏を支持している層が、何が何でも当選させようと、選挙当日に動員を
かけたこと。
この差は、大きな選挙区ほど極端であった。
このために、「クリントン女史が圧倒的に有利と言われていた選挙区ほど、多くの逆転現象が
見られた」。
つまり、世論情報を当てにした若者が多かった選挙区ほど、見事に逆転されている。
民主党は、世論情報に溺れることなく、懸命な引締めを果たす立場にあった。 若者に甘い
期待を抱く怖れをたしなめるべきだった。
それをやらなかったために、トランプ氏の逆転を許してしまったという、あまりにも情けない
結果になった。

こうした選挙下手な民主党とともに、共和党もひどかった。
第一に、トランプしという“暴言遺子”を選んだこと。
それよりもひどかったのは、「アメリカは白人社会だ、と多くの共和党員が アメリカの現状認識を
間違えたこと」。
たしかに、今から50年前のアメリカでは、ヨーロッパからの流れ者天国であった。 全人口に
占める白人の比率は84%も占めていた。
それが、50年たった今日ではたった62%にまで低下している。 そして35年後には50%を割込む
との予想が‥‥。 共和党の白人がどんなにリキんでも、アメリカはヒスパニック系 (中南米) や
アジア系の人口が増えて行く。
どんなにトランプ氏が白人優勢の社会にしたいと考えても、メキシコからの難民排除のために
高い壁を建設しょうとも、ヨーロッパを見れば一目のように、白人の人口は減り続けている。
これは、何も白人に限った現象ではない。 人口の多かった日本でも、人口が減り続け、50年後
近くには半減すると言われている。
あの12億人の人口を誇った中国が、今年に入って高橋洋一氏から、「中国のGNPの大嘘」が
刊行されたことは先に紹介した。 おそらく、中国も 「1人子政策」 のミスで、日本と同様に
経済が半減するかもしれない。
これは未来予想なので、あまり当てにしてもらっては困るという性格のもの。
しかし、日本やヨーロッパ、中国が沈んでも、中南米やアジアの若い人口に支えられている
アメリカ経済は、ほとんど腰折れがないという説が有力な説として通用している。
それに、逆行するのが白人社会説。

私のような素人が 口を挟む話ではないが、最近やたらに気になるのが、トランプ氏の
「白人中心主義社会」 である。


posted by uno2016 at 00:22| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。