2016年01月01日

あけまして おめでとうございます


今年は、大変な年になりそうです。

ともかく、スースーと寒く、ガタがきている住宅は全て空き家になります。 同じことで、耐用年数が過ぎたマンションは、入居者がなくなります。

戦後、このような住宅を国民に押し付けて来た供給者が、そっぽを向かれはじめているのです。

新しい消費者の要望は、私たちが想像が出来ないほど新鮮で、活気に満ちたもの。

ます、耐震性能が今までの2倍以上。 そして、断熱性能のQ値は0.8~0.9W以上。 気密性能は0.2~0.5c㎡/㎡という厳しいもの。 その上で、将来的に太陽光が搭載出来て、しかも価格がお手頃なもりが求められてきています。

こうした、厳しい要求をもった消費者と、スクラムを組んで打開策を見つけてゆくことしか方法がありません。

全国の仲間の皆さん。 今は立ち止まっている場合ではありません。 新しい消費者とともに、新しい需要を
開発して行こうではありませんか。

頑張りましょう。

            2016年 1月 元 旦

                           高気密健康住宅研究所  鵜野日出男


posted by uno2016 at 09:14| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。