2016年03月15日

3尺幅の廊下や便所を如何にして使いやすく改良するかの知恵。



バリアフリーデザイン研他著「バリアフリー住宅読本」(三和書籍 2500円+税)

バリア写真.JPG

昔、建築主だった若い人も、20年以上も過ぎてくると建替えたり、手すりなどのバリアフリー工事が必要になってくる頃だと思う。
スカスカの住宅が横溢していた当時から、先のことを考えてQ値が1.4W以上で、C値が0.9c㎡/㎡のR-2000住宅を選んだ各氏。 住宅のモジュールに対しても、先見性を持った人が多かった。
自分が70~90歳台になった時のことを考えて、中には緩いスプロールのあるアプローチを併行して希望する人もあった。
なかでも 一番問題になったのは、3尺モジュール。 3尺幅の廊下、階段、洗面やトイレや浴室などの水回り。
欧米のプランを見ると、すべてが4尺幅。
このため、代案としてメーターモジュールを用いる方も少なくなかった。 つまり、廊下や階段室を 芯々910ミリではなく、芯々1000ミリにして、幅木分を差引いても765ミリではなく 855ミリを確保しないと、万が一 車椅子の生活になった場合には、困ると考えた方々。

いや、855ミリでも不足だ。 欧米のように芯々1200ミリでなければならない、と強調する施主の方も多くおられた。 そして、欧米のように浴室や洗面、トイレは1つだけでなく、主寝室には浴室と洗面・トイレをまとめて併置して、3LDK+2浴室・洗面・トイレの必要性を力説される若いご夫妻も珍しくはなかった。
たしかに、「理想としては40坪以上で、3LDK+2浴室・洗面・トイレでありたい」。 だが、当時から日本の住宅地の価格は異常な高価。 せいぜい用意出来る建築延坪数は30坪前後。
ということになると、残念ながら主流は日本古来の3尺モジュールを採用するしかなかった。
この3尺モジュールに合わせ、日本で生産される合板などの建材は、ほとんどが3×6尺物で占められていた。
その後、この3×6物の不合理さと生産性の低さに気付いた一部のメーカーは、3×8尺並びに3×9尺ものの合板や石膏ボードなどが造るようにはなってきた。 
だが、日本の基本モジュールはどこまでも3×6尺であり、欧米のように4×8尺になったことは一度もない。

つまり、戦後一貫して建築関係者が挑んできたのは、4×8尺モジュールに対するチャレンジであり、常に3×6尺モジュールが勝利者であり続けた。 現に、いまでも4×8尺物の建材を輸入して採用している業者もあるが、間取り面では3×6モジュールに妥協。
私が、かつて挑んだのは廊下の壊滅だった。
つまり、廊下から浴室・洗面・トイレ空間へ行くのではなく、居間空間からユティリティ空間へ 抵抗なく行けるように工夫した。 そのためには、24時間機械換気が不可欠で、全館空調換気システムが絶対的条件。
また2階へ上がる階段は1階の廊下からというのを止めて、必ず主婦に挨拶をした上で1階の居間空間とかダイニング空間から上がるようにした。 このように、1階の空間を効率的に利用することで、階段の幅は3尺に拘らなくてもいいようにした。 つまりメーターモジュールも4尺モジュールの採用も可能にした。
こうして1階の廊下と階段室は3尺モジュールから解放されたが、2階の廊下までは解放することが出来なかった。 その一例が、皆さんも何度か目にされている40坪の3LDK+2洗面・トイレ+1浴室のモデルプランである。

基本プラン.JPG

皆さんもお気づきのように、このプランは子供を育てるために考案された住宅。
子供が成長して家を出て行き、それぞれにマンションなどを入手した場合は、年寄り夫婦だけが住む高齢者住宅になってきた時は、大変に不便な住宅。 
まず、2階の2つの子供部屋が不要になってくる。 その子供室は物置に使うとして、次第に2階の寝室へ登り降りすることが面倒になってくる。 幸い、階段室は芯々1.2メートルなので、階段昇降機を設置することが出来る。 しかし、回り階段であることと、2階での乗降する場所が完全に確保されていない点については、再考する必要があろう。
そして、もし後期高齢者になって、車椅子での生活を余技なくされることにでもなれば、1階に寝室と浴室かないことが、想像以上に不便になってくる。
つまり、このプランは子育ての時は理想的なプランであるが、アメリカのように家族事情が変わると適正価格ですぐに売れ、小さい家へ移れるという不動産の流通システムが日本では整備されていない。
土地だけが評価され、建屋は無価値になってしまう。 このため、日本では 「空き家」 が一方的に増加するというおかしげな現象が生じている。

そこで、日本では古くなった家をバリアフリーで改造して、高齢者や後期高齢者が住みやすいものに改造することが大流行。 
この著もその趣旨で書かれている。
ご案内のように、介護保険制度が制定されたのは2000年 (平成12年) で、見直されたのが2006年 (平成18年)、そして現在にいたっている。 そして、手すりをつけるなどの住宅改修費としての支給限度額はたったの20万円。

この本を読めば読むほど、高齢者、とくに後期高齢者の場合は、自宅で生きて行くと言うのは大変なことだと分かる。 単に手すりを付ければことが足りるという簡単なものではない。
この著書の優れている点は、どのような工事が必要であるかは 入居者の、◇身体状態 ◇日常生活動作 ◇住宅の改修場所 ◇回収ヶ所の大小により異なってくる。
そして、・手すり工事で20ヶ所 ・浴室で33ヶ所 ・トイレで24ヶ所 ・居室で18ヶ所 ・階段で9ヶ所 ・玄関で13ヶ所 ・外構で18ヶ所 ・計135例を挙げ、おおよその予算を書いている点にある。
それによると、トイレや浴室の手すりが多い場合は、それだけで100万円を越す場合があり、階段の昇降機設置の場合は、直通階段でも74万円、モデルハウスのようなグルリとまわる 回階段の場合は200万円近くかかると考えねばならない。

解説者は、後期高齢者になり、障害を持ったにしても住み慣れた家で、出来る限り長く自律して生活出来ることことこそ理想と書いているが、そのために改装費が1000万円以上かかると言うのでは、本末転倒のような気がしてならない。
たしかに、私もそうだったが、入居者が当面する今の不満や意見を聞いてプランをしてきた。
しかし、これからのプラン作りは、まず施主の家族が20~40年先にどのようになっているかを想像出来なくてはならない。 そして、主人や奥さんがどんな終生計画を持っているのかを知らねばならない。 その上で、これから5~10年間の家族計画を知らねばならない。
その作業なくしてのプラン作りは、架空のものになる懸念が非常に高い。

アメリカのように、現在の生活に焦点を当てたプラン作りは、「その生活が終われば絶対に家が売れる」 ということを前提にしたもの。 日本のように、「住宅は一生物で、やたらに売残り物件が増えてゆく国」 を前提にしていたのでは、「バリアフリーのやりやすい家づくり」 が、大前提になってこざるを得ない。
「そのためのプラン作りはどうであるべきか?」
今まで、考えたこともない課題を、この本から得られたような気がして、正直言って意気が消沈している昨今。




posted by uno2016 at 08:39| Comment(0) | 書評(建築・住宅) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。