2016年08月20日

下流社会が、上流社会の24倍も占めていて、若者に夢のない韓国?



シンシアリー・室谷克実著 「韓国の下流社会」 (宝島社 980円+税)

韓国下流.JPG

この宝島社の新書版を紹介するかどうかで、迷った。
出版元は間違いなく宝島社。 ところが著者の紹介欄がどこにもない。
第一、シンシアリーという著者の存在すら怪しい。 外人だと シンシアリーという名のほかに必ずファミリー・ネームが付いているはず。 
それがないということと紹介欄がないということは、明らかに欠陥著書。「とてもじゃないが 紹介できる代物ではない」 と諦めていた。
しかし、書いてある内容は目当らしくて、「隣国の日本人としては、必読の書である」 と断言してよいほど‥‥。
おそらく、この著書は韓国側からの 「怒りの反応」 を怖れ、シンシアリーという 架空の名前を用いたものだと推測する。 内容は どこまでも宝島社の編集部で取材したもので、韓国に言い訳のために、わざと外人ネームを用いてのではないかというのが、私の憶測‥‥。

たしかに私の子供の頃は、中国や韓国の経済は閉塞状態で、子供ながらに平気で 「チャンコロ」 とか 「カンコロ」 という差別用語を使って、蔑視していた。
したがって 中国とか韓国が、声を大にしていつまでも 「日本の侵略戦略」 のことを言い続けるのは、ある意味では 当然のことであり、やむを得ない 「日本の業である」 とまで考えてきたことは、まぎれもない事実。
しかし、侵略戦争を仕掛けたのは何も日本だけではない。
あの紳士然としているイギリスやフランス、スペインをはじめとした ヨーロッパ各国、ならびにアメリカの方がはるかに侵略的であり、世界各国を欲しいがままに属国にしてきた。
その欧米の侵略からアジアを守りたいという動機が、日本にあったと考えてもおかしくはない。
日本の為政者が 「大東亜共栄圏」 を叫んだのは、必ずしも 本音ではなかったろうが、「すべてが虚実だった」 と 中国や韓国に言われ続けると、私のような ヘソ曲がりは、中国や韓国についてゆけなくなってくる。
たしかに先輩には、悪人もいた。
しかし、戦後70年以上にわたって、世界の平和を守り続けてきた 私どもまで、ゴッチャにされて批判され続けることには我慢ができない、というのが率直な感想。

さて、韓国の実態を調べるには、ウイキぺディアによる 「大韓民国」 によるものが、もっとも詳しい。
しかし、面積とか人口を調べるたけだと、下記の外務省のデーターが役に立つ。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/korea/data.html
これによると、韓国の面積は10万平方キロメートルで、日本の約1/4で(26%)。 人口は2015年12月でこれまた日本の1/4の約5150万人。 失業率は前世期末には6%を超えていたが、今世紀に入ってからは一率で4%を切っている。
ところが、韓国の場合、「中産層」 がハッキリしない。 2015年の9月10日の京郷新聞の報道によると、2013年の政府発表では中位所得は月収220万ウォン (約22万円) になるという。 これだと中位所得はその50%となり、月収110万ウォン (約11万円) の月収で 「中産層」 になる。 これはおかしい。 韓国の最低賃金は時給4860ウォン (約480円) だから、月100万ウォン (約10万円) になる。 最低賃金が 「中産層」 とは信じられない。
調べてみると、韓国の納税対象者は約2000万人。 そして、約500万人は所得が少なすぎて 「未納税者」。 そこで韓国の野党が調査したしたところでは、韓国の中位所得者は162万ウォン (約16万円) までに下がった。 ともかく、韓国では月収10万円で中産層になるらしい。

日本に居ても聞こえてくるのは、「韓国ではサムスンなどの著名な系列企業に就職しない限り、どんなに頑張っても出世はできない社会だ」 ということ。
「なにしろ7%の人口が、70%の所得を独占している国だから‥‥」 というもの。
これが、事実かどうかが一番知りたいとろ。 ところが、そうした書込みは少ない。
出てくるのは、下流社会の現実ばかり。
韓国の大学の授業料は、日本に比べてもそれほど安くはない。 2015年の韓国教育研究所の調査によると、4年制の私大の平均的な年間学費は、人文社会系で64万円。 自然科学系で77万円。
工学系で83万円。 医学系で100万円程度らしい。 
しかし、これ以外に寮費や研修費、留学の費用もかかる。そして、最近では就職のために各種専門学校に通う学生も増えてきているというから、その費用もバカにはならない。
問題は就職。 2015年の数字で大卒者の4人に1人はニートだという。 
つまり30歳までは働けないというのが当り前で、20歳で働けるというのは富裕層‥‥つまり、良家の子女に限られているという。
韓国保険研究所の発表によると、親と同居する25歳以上の未婚の子供は1985年には9.1%に過ぎなかったが、2010年には26.4%と、実に3倍近くも増加している。

韓国には、「38線、45定、56盗」 という言葉がある。
これは 「38歳で早期退職して、45歳で定年退職、56歳で職場に残っているのは給料泥棒だ」 という意味だという。 ともかく定年が早く、コンビニでは30歳を過ぎるとクビにされるという。
これだと、親の元でいつまでも安楽に暮らす訳にはゆかない。 日本の最近の労働環境も悪化してきていると聞いていたが、韓国の方がはるかにケタタマしい。
そして、会社をクビになっ人々が自営業としてはじめるのが、チキン屋だという。 韓国の自営業というのは、なけなしのカネで始めるから、最初から労働条件などは無視している。 したがって、こうした中小企業が大きくなったという例はほとんどないらしい。
そして、摩訶不思議なことに、こうした貧困層が増え続けても、韓国では絶対に暴動が起らないという。 そして、対日環境は日毎に悪化してゆく一方。 その不思議さがの回答が、この本を読んだだけでは得られない。

韓国人は、アメリカのビザを取ることが一生の目的だと本著では語っている。 優秀な子供は、親にアメリカ国のビザをプレゼントする。 
ともかく誰1人として、子どもや孫を韓国で育てたいとは考えていない。 2年間の兵役も厳しいものらしい。 その2年間の間に、兵役にいったすべての男たちは恋人を失ってしまうらしい。
2015年の離婚率が47%と、半分に迫る勢いだというから怖い。
この著書を読んでいると、韓国の若者に心から同情したくなってくる。




posted by uno2016 at 12:38| Comment(1) | 技術・商品情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼します。

シンシアリー氏はアメーバブログにて長年韓国の実情を書かれている方で既に日本で4冊出版されております。

シンシアリーのブログにて検索いただければと思います。
なぜ実名を出せないかはご推察通りです。

書籍は韓国と言う国の実態を知るのにオススメです。
Posted by ヤン at 2016年08月29日 17:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。