2016年12月10日

初めてスマートフォンが持っている内容が分った好著  



石川結實著 「子どもとスマホ」 (花伝社 1200円+税)

51BjSmfx87L__SX337_BO1,204,203,200_.jpg

このことは、すでに書いた記憶がある。 したがって、飛ばし読みされても結構。
今から30年以上も 昔のこと。 住宅会社のトップに指名されたとき、「これからは、パソコンの時代。 どんなことがあってもパソコンを取入れてゆこう!」 と決断。
そしたら、さっそく 「パソコンの勉強会」 が開催された。
ところが、社内にはパソコンが1台もない。「これでは、社内の勉強会も開けない」 ということで、社長にかけ合って、16インチのパソコンを7台を購入してもらった。 その時の価格は、覚えていない。
そして、なんとか若手社員にパソコンを覚えてもらった。
しかし、「若手だけがパソコンの通になっても、我々 中年の指導者が覚えなくては、本当の意味での普及はあり得ない」 と痛感し、当時としては珍しく 7台も16インチのパソコンを購入した会社に頼んで 「14インチで良いから、私の自宅へもパソコンを入れてほしい」 と頼んだ。
もちろん 7台も買ったのだから、14インチの超小型だし、「価格は相当安いはず」 だと期待していたのは事実。 ところが、請求書を見て腰を抜かした。「なんと14インチのパソコンの請求金額が、200万円もしていた」 のだ。
今だと、会社で7台もまとめ買いをしているのだから、自宅用の14インチならタダか、高くても数万円程度にすぎないであろう。 それが、30年から35年前の パソコンの初期の開発時代には、200万円も支払わされた。
少ない退職金のほとんどが、14インチのパソコン代に消えた。

このことがあったので、私の自宅におけるパソコン熱は、中途半端の遊びではなくなった。
やがて、単に住宅の設計や見積段階だけではなく、「営業の打合せ段階から パソコンは必要不可欠のもの変わり、全社員がパソコンを操作する」 ようになっていた。 当然のことながら 私は自宅だけではなく、会社でも16インチのパソコンを使うようになっていた。
私の周辺では、常に2台のパソコンがあったので、不便を感じることは全然なかった。 それに、目も次第に老化していたので、スマホに変えることなどは 1度も考えたことがない。 「スマホ依存は若者の特質」 程度にしか考えてこなかった。
しかし、この 「子どもとスマホ」 と言う著作を読んで、改めて スマホの持つ意義と言うものを深く考えさせられた。

「スマートフォン」 とは、直訳すると 「賢い電話」 ということになる、とこの著書で指摘されて目が覚めた。 そして 「スマホはパソコンに限りなく近い存在だ」 と言われても、ピンとこなかった。
私にとっての 「パソコンとは?」 ①仕事の必需品。 ②メールの送受信をしている。 ③文章やグラフが作成出来る。 ④インターネットに接続して 検索や情報収集をしている。 ⑤ブログを書いている‥‥の5点しか使っていなかった。
ところが この著書では、 ⑥SNSを利用して友人と交流している。 ⑦家計簿をつけている。 ⑧写真を加工している。 ⑨動画や音楽を楽しんでいる。 ⑩ゲームをやっている。 ⑪イラストを描いている‥‥など、11点をあげている。
私は、半分以下の5点しか使っていないことに、初めて気がついた。
そして、スマホではパソコンと同じように、11点の利用が出来るという。
これだと、仕事以外に いろんな趣味に使える訳ですね‥‥。 もちろん、多面的に使うには 「アプリ」 と呼ばれる応用ソフトをインストールする必要があるらしいが‥‥。

ちなみに、無料で使えるアプリには、LINE社が提供するアプリなどがあり、用途として 下記のように各種におよんでいる。
●生活に役立つアプリ 通信(メール、メッセージ交換、電話、ビデオ通信等)、SNS、天気
           地図、乗換案内、グルメ案内、カメラ、カレンダー、健康チェック
           家計簿、ニュース、新聞、広告、チラシむなど
●勉強に役立つアプリ 辞書、翻訳、百科事典、語学、受験問題集、暗記術など
●仕事に役立つアプリ 手帳、スケジュール管理、文章作成、計算機、名刺管理、データー保存
           録音、スキャナーなど
●趣味に役立つアプリ 動画視聴、ゲーム、音楽、ラジオ、電子書籍、コミック、マンガ、雑学
           観光ガイドなど

つまり、私の不勉強のために スマホを軽蔑して、その多様な利用性を抑圧していた、ということになる。 自分は、常に最前線をつヽ走っているつもりだった。 それは、とんでもない妄想に過ぎなかったことが明らかに‥‥。
昭和30年代にテレビが登場した。
最初は高価のために、家庭に入ることはなかった。 駅前などに設置されていたテレビを、いつまでも飽きずに眺めていたことを思い出す。
そして、やがて全ての家庭に 「神器」 としてテレビが導入されてきた。 そのテレビに匹敵する 「神器」 がスマホだと 著者は力説する。 たしかに言われてみれば、若者にとってはテレビ以上の 「神器」 であることは間違いない。
ただ、私のような目が悪くなった年寄りには、テレビと同一する視点がなかったのは事実。

そして、筆者は多くの若者を取材して、スマホでは簡単に友達が 得られるが、深い関係になることが少なく、すぐ切れてしまっていると述べている。
いずれにせよ、小中学生では現実の経験がないだけに、ゲーム会社のビジネスに溺れたりなど、ネットを巡るトラブルが多発している現状を、詳しく紹介していて参考になる。
そして、子どもがスマホを欲しがった時は、高校生になった時に与えるのが良いと書いている。
「昔の腕時計に変わるのが、現在のスマホ」 だと、大人は理解すべきだと言う。
そして、購入する前に 本人を含めて紙でチェックし、料金を含めたスマホの 「見える化」 が肝要だと力説。
しかし、これからの将来像を描くのは難しく、子どもの力を引出す 大人の力こそ大切だと、理想論を述べるだけに終わっているのが不満!。
いずれにしても、これからのスマホの将来は、企業のパソコンの未来にも 直結するだけに、目が離せないと言うことしか、結論めいたことは言えないようだ。



posted by uno2016 at 12:37| Comment(0) | 産業・経営 | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

除草剤、化学肥料が不要の神谷農法をご存知ですか?


上部一馬著・神谷成章協力「《スーパー微生物》農業」(ヒカルランド 1713円+税)

表紙.JPG

私は、この種の革新的な農業については、かなり読んでいる方だと自負していた。
しかし、神谷農園については 全くのノーマーク。 この本を読んで初めてその存在を知ったというダラしなさ。
農園の園長である神谷成章氏は1930年生まれと言うから、今年中に86歳になるご高齢。
小学生の時に、日本初の洗剤を開発したというから、生まれつき発明などが好きだったらしい。
長じて微生物研究家に。 そして、40~50年前から 基本になる好熱菌の開発に着手したというから人並みはずれ。 そして、世界特許を27もとっているというから驚き。
一切の熱源無しで、土壌菌のプラントの中に配管を通せば70~100℃の熱風が取り出せる。 この配管に水を通せば熱水となり、お湯として使える。
「今では、スイッチ1つで1ヶ月かけて、じっクリ好熱菌を使って70~80℃で炭化させたり、3~15日の短期間で炭化させ、300℃まで上げることが出来る」という。 まるで、「手品見たいなワザの連続だ」 と呆れてしまう。

それと、1800~2000℃の高熱を出す超好熱菌が見つかったが、炉となる鉄などをみんな溶かしてしまうので、研究は一時 中断になったという。 1800~2000℃という高温を出す超好熱菌がいると言われても、私のような凡人には信じられない。
この好熱菌の研究のため、十数度も山火事を出し、地元消防士のお世話になったと言うから、はた迷惑な御人でもある。 
また、好熱菌の技術応用で、炭化ケイ素を繊維化する技術は、神谷氏が考案したもの。
プラスと、マイナス、ゼロの電子を記憶させた 炭化ケイ素。 光があたると空気中の窒素を取込み、熱を放湿するという原理。 当初は 1着が1万円もしていたが、最近では1000円ぐらいにコストダウンされている。 ユニクロの紳士用、婦人用下着の 「ヒートテック」 がそれ。
この炭化技術の 応用範囲は広い。 中でも 「ケーエヌ菌」 や 「キラ菌」 と呼ばれている資材は、一般家庭から生活排水の汚泥処理にも使用できるので、国や地方の公共機関からも発注があるとのこと。

神谷氏が開発した好熱菌をベースにした各種カーボン顆粒資材は、国内よりも海外での需要が圧倒的に多いという。
私にはその原理がよく理解できないのだが、この資材はトウモロコシ、発酵大豆、麦類、卵殻、ゴマ粕などを配合させて発酵させたものだという。 この成分中には 有機ケイ酸、ビタミン、炭素、アミノ態チッソ、総合ミネラルが含まれていて、病害虫に強く、抵抗力も強い。
このため、強健な農作物の栽培が可能になった。
強靭な野菜が育てられれば、虫が寄ってこない‥‥つまり、除虫材が不要。
また、神谷が開発したカーボン希釈液を1週間に1回葉面に散布すると、丈夫な葉っぱか育ち、葉っぱから電子がが放射され、虫を感電させるという。 つまり電子工学が応用されている。
さらに、連作障害も起らないというから、鬼に金棒。
このほかに、キラ菌は 塩分濃度が高い空港などに散布して、芝の育成を促すとか、サッカー場では根が深い丈夫な芝を育てるために、神谷氏の技術が採用されているという。

さらに驚くのは、超好熱菌の炭化技術を応用すると、冬場、外気が零下になっても、土が凍ることがなく野菜が栽培が可能になると言う。 信じられないことだが事実らしい。
ということは、冬場に野菜の栽培が可能になることは収益力が大幅にアップすることになり、笑いが止まらなくなるということ。
腰が抜けるほど驚くのは、この超好熱菌由来のカーボン希釈液を資材に塗布すると、その情報が記憶され、資材が氷りつかなくなると言うのだ。 例えば、凍結防止用の差込みポールに、1度この超好熱菌由来のカーボン希釈液 を塗布すると、ポールがこの情報を記憶するので、雨が降っても凍ることはないというから凄い。
同じことで、ビニールハウスの外側と内側に この超好熱菌由来のカーボン溶液を散布すると、表面が凍らず、室内を23℃前後に維持することが出来るので大変な省エネに。 これは、住宅の省エネ化に活用出来る技術かもしれない。
また、このカーボン溶液を土壌に散布すれば、地温が上昇して、土そのものが凍らない。 野菜に噴霧すれば、雪が積もっても野菜自体は凍らないというのだ。 信じられますか?
このカーボン顆粒資材を使えば、生育は2倍速く、栄養価は2~10倍、収量は3倍も多くが可能になる、と神谷氏は言っている。 まさしく有機農法。

こういったことが知られて、愛知・吉良町の神谷農園は連日視察者か訪れている。 神谷氏の教え子は1万人を超えるまでになってきている。 しかも、国内だけでなくオランダ、中国、タイ、ベトナム、カンボジア、フィリピン、韓国、モンゴル辺りからもやってくる。
海外ではこのハイテク農業に対してロィヤリティを払い、カネをかけて技術を学ぼうとしているが、日本ではカネをかけてまで学ぼうと言う動きは見られない。 TPPへの加入で追い詰められているはずだが、高齢化した日本の農業者には神谷氏の好熱菌のことを理解することが、土台無理なことのようだ。
国連が、神谷氏の技術を知り、低開発国への農業指導を要請してきた。 そのせいで、神谷氏の名前は広く世界に知れ渡ったが、国内では私もこの本を読むまではその存在を知らなかったのだから、情けなさは隠しようがない!
私のような年寄りではなく、生きの良い若者が神谷氏の懐に飛込み、その全てのノウハウを身につけて欲しいと熱望したい。

若者が、何故農業を嫌うのか?
「農業は重労働で、きつくて辛い、しかも休みがきちんと取れない上に、儲からない」 から。
これが、現在の若者に共通する農業観。 
このため、農家の平均就業年齢は65歳。 つまり、役人や教職員を定年退職した年寄りが、趣味で始めるのが日本の農業。 この人達に、日本農業の将来と食料自給率を任せられるとは誰一人として考えていない!  それなのに、農林省の役人の動きはあまりにも鈍い。
これを、真剣に問うてるのが神谷氏。
神谷農業の優れている点は、農薬・化学肥料、消毒材を全然使わないこと。
そして、何よりも有難いのは草が生えてこないので除草材が不要。
農業を少しでも経験したことがある者にとっては、夏の草刈りに寿命を縮めた思いがあろう。 その除草が一切行わなくて良い。  
野菜などは、「植えた後は、収穫時まで一切畑に入ってはいけない」 と神谷氏は指導。
そして、ハウスの中では 1年中 ジャガイモ、ナス、キュウリ、トマトが実り続ける。 化学肥料も、除草剤も、収穫以外の人手も一切不要のまま‥‥。
それでいて、生育は2倍近く早いし、収穫量は3倍。 ビタミンなどの栄養価は通常の野菜の2~10倍もある。
野菜や果物は生きているので、採れたてを食べたら病気が半減して、医療費が大幅削減される。

なにしろ、キュウリやナス、トマトの茎は樹木化して、最大30メートルにも達し、3年間も実がなり続けると言う。 キュウリなどは樹木化しても、ハウスの中で収まるように、角度を調節することがワザだという。
大変な《楽農》。
土作りが完成すれば、土壌菌は減ることがない。 つまり追加資材は不要。
それでいて、連作障害もない!
神谷氏は、愛知・西尾市の生まれで、吉良町の山間部の安い土地を 60年以上に亘って開墾しつづけて、100町歩近い農地を持っている。
10アール (1000㎡) のハウスでキュウリを栽培して1000万円の売上を上げた実績を持つ。
農業歴60年で、年商は70億円とか‥‥。
ともかく、スーパー好熱菌という得体の知れない農法を開発し、TPPなど怖くないと言うスーパー農法を確立した。

この著書では、19歳の学生が 神谷氏の指導を得て、10反 (約1000坪) の稲作を始めた様子が描かれている。
2013年の秋に田圃の土をトラクターで掘り起こし、1反あたり120~150袋のカーボン顆粒資材を数回混ぜ、田植時期にはタネを一昼夜浸水させたものを育苗氏して、休耕田を復活させた。
2015年には カーボン顆粒資材を前年より大幅に減らし、引続き稲作に挑む一方、作付面積を13反に増やしてナス、トマトの試験栽培も始めている。
このほか、神谷氏の弟子たちが日本各地で、いろんな実践を行っている様子が描かれていて、大変に参考になる。

著者は、単に農家だけでなく、屋上菜園などにもこの農法を採用して欲しいと懇願。
著者は、「里山資本主義の実践」 などと、やたらに小難しい単語を羅列して喜んでいる。
そんな、小理屈はさておいて、この著書をいくら読んでも、神谷氏の指導を含めて初期投資がどれだけ必要であるかが分からない。 カーボン顆粒資材の効力は分かるが、1袋どれだけの費用で、どこから購入出来るかが分からない。
つまり、経営として考えた場合のデーターが、何も示されていない。
神谷氏の教えを受けた弟子達が、経営的にどんな道を歩いているかという肝心のことにも、触れていない。
そして、もっと素人にも分かりやすく解説した著書であったなら‥‥と無いものねだりをしたくなってくる。
そういった意味では、この著書は欠陥商品だと言ってよい。 どうしても、この続きが読みたくなってくる。

posted by uno2016 at 06:14| Comment(5) | 産業・経営 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。