2017年01月16日

この20日間に、8冊の外国人の書いた本を読んだのだが‥‥



どうも、私の多読癖は直らない。
この20日間に、「なんと8冊もの外国人が書いた本を読まされた」。 この 「読まされた」 という表現は正しくない。 「私が意識的に図書館から借りてきた」 と言うべきだろう。
この8冊の本のとは、●外国人がムッとするヤバイしぐさ  ジャニカ・サウスウィック・晴山陽一共著 (青春新書)。 ●美食と嘘とニューヨーク  ジェシカ・トム著・小西敦子訳 (河出書房新社) ●コンピューターに記憶を与えた男  ジェーン・スマイリー著・日暮雅通訳 (河出書房新社) ● 黒い司法 ブライアン・ステーヴンソン著・宮崎真紀訳 (亜紀書房) ●ゼロ・ウェスト・ホーム  ベア・ジョンソン著・服部雄一郎訳 (河出書房新社) ●脳はなぜ都合よく記憶するのか  ジュリアン・ショー著・服部由美訳 (講談社) ●心をひらく・松下幸之助伝 ジェームス・スキナー著・柴田博人監修 (PHP)  ●はらわたが煮えくりかえる  ジェーシー・プリンツ著・源河亨訳 (剄草書房)

この中に紹介済みのモノが2冊だけある。 ご存知のとおり●コンピューターに記憶を与えた男と●ゼロ・ウェスト・ホームの2冊だけ。 私個人としては、あと3冊は紹介しても良いとは考えている。 具体的には、●美食と嘘とニューヨーク、●黒い司法、●脳はなぜ都合よく記憶するのか、の3冊。
しかし、紹介するとなると、私自身がよくその本をマスターしていなければ、紹介などは出来ない。 この3冊に対しては、内容的の理解度には自信がない。
たしかに、紹介したコンピューター関係の本は、私には難しすぎた。 いずれにしろ、私の守備範囲を越脱している。 しかし、読んでいて楽しかった。
それは、翻訳が良かったからだと思う。
たが、最近はあまりにも下手な翻訳が目につきすぎる。 どう考えても、これが 「日本語」 だと考えられないモノが横行している。

私のような語学音痴には、翻訳のうまい下手などを言う資格はない。 そのことは十分に理解しているつもり。
分らないと思われるだろうが、読んでいてゴツゴツしている翻訳が多くぶつかる。 そのいずれもが日本語を無視しているように感じてならない。
具体例を挙げると、上記の 「はらわたが煮いくりかえる」。
もちろんこの本は哲学関係の書で、やたらに難しい言葉が並んでいる。
同商品の内容紹介を見ると、私にはチンプンカンプン。

商品の説明。 (内容は「BOOK」のデータベースよりで、以下のように書かれている)

怒り、悲しみ、喜びといった情動 (emotion) を心理学・認知科学・脳神経科学・文化人類
学・生物学といった多分の知見を用いながら、身体反応の知覚として位置づける。 情動研
究としては必ずしも主流派閥とは言えない。 身体の知覚説をどう擁護するのか。 伝統的
なイギリス経験論の見解を、現代の認知科学を使って復活させる 「認知経験論」 の試み。

これを読んで、貴方はどれだけのことが分ったのだろうか?
私には、さっぱり意味が理解出来なかった。
これが、私1人のことだと、「あの馬鹿野郎が…」で済むかも知れない。 しかし、「何を言わんとしているのか‥‥」 という気持ちになった人が多ければ多いほど、問題ではないだろうか。
ともかく、世の中には理解できないことが、多すぎる‥‥。



posted by uno2016 at 18:04| Comment(0) | 技術・商品情報 | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

ジェン・スマイリー著  「コンピュータに記憶を与えた男」 (河出書房新社 2400円+税)

コンピュータ記憶.jpg

副題は、「ジョン・アタナソフの闘争とコンピュータ開発史」
アタナソフ氏は1903年の生まれで、1995年に91歳で死んでいる。 いわゆる「過去の人間」で、私などはこの本を読むまでは、その存在すら知らなかった。
ブルガリアからの移民で、ニューヨーク州で生まれ、1960年に妻とともにニューヨークから西南に約300キロメートルも離れたメリーランド州の丘の上の農場を終生の棲み家に選んで、そこで生涯を終えている。

筆者は、9歳の時に計算機の使い方をマスターして、すぐに「対数」も覚えた。 高校はたった2年間で卒業し、1925年には最南端のフロリア大を 優秀な成績で卒業して、電気工学の学士号を得ている。
その後、シカゴの西に位置するアイオワ州立大学に進学して 1926年には数学で博士号を取得している。 さらには1930年には、シカゴ市の北にあるウィスコンシン大学のマジソン校で理論物理学で博士号も取得している。
ともかく電気工学の学士号をはじめとして数学の修士号、理論物理学の博士号と、大変な秀才。
そして、アイオワ州立大学で、数学と物理学の助教授の職を得ている。

その学位論文を書く時、当時早くも利用可能であった機械式計算機 (モンロー式計算機) の扱い難さに辟易させられていたアナタソフ氏。
彼の論文は、あまりにも専門的にすぎて、私にはよく分からない。
たった10頁の論文を書くのに、数日もかかったこともあったらしい。
タイプライターのようなキーが100個も並んでいて、ずっしりと重い金属性の卓上計算機。
しかし、これを使う以外には方法がなく、何週間もかけて計算しなければならなかったようだ。
自分だけが努力を求められているのなら、まだ許せる。
しかし、自分が教える立場になった時、教え子達も同じ苦労を強いられている。 それを見ているうちに、彼の考えは自然に変わっていった。
彼の見積もりによると、一人の人間が可能な限界は、未知数8個の数式を8つ解くのに8時間、未知数20個の数式20個を解くのには、125時間もかかる。
この改善を模索していたことが、そもそもアナログ式コンピューター時代を開く動機にになろうとは‥‥本人も気が付いていなかった。 ともかく、モンロー式ではダメなので、IBMのタブュレータの応用を研究したりした。 

こうして、今から81年も前の1936年にはアナログ式コンビュターが完成。
当時アタナソフ氏は34歳という若いアイオワ州立大学の物理学の准教授。 これだと20から30の未知数が限界であって、単に教育や科学の進歩だけではなく産業、行政、軍事の分野でも 深刻な障害になると考えられた。
こうして、アタナソフ氏と院生・クリフォード・ベリー氏のコンピュータ (それはABCコンピュータと言われるが‥‥) が、1937年~1938年にかけて着想が生まれ、1939年11月に試作品が完成している。
このABCに盛込まれた主なアイデアは、二進記数法とブルー理論によって29次線形連立方程式をとくというものであった。 何を書いているのか、私にもさっぱり分らない。 詳しいことを知りたい方は、この本を読んで頂くか、あるいはメールを開いて下記の「ジョン・アタナソフ」を検索して頂くしかない。
http://ja.wikipedia.org/wiki%E3%82%B8%E3%83%A7%E…
ともかく、ABCにはCPUにはない、真空管などの電子部品を高速化するように設計されている。
また、コンデンサによるメモリを備えていて、原理的には今日のDRAMメモリと同じであると言っている。 私には意味が通じないが、分る人には分るはず‥‥。

ともかく、コンピュータを巡る特許紛争は、私のような部外者には絶対に分らない難解なもの。
ENIAC特許といっても、どれだけの人が分っていることか‥‥。
そして、コンピュータが今日の隆盛を見たのは、何もジョン・アタナソフ氏とクリフォード・ベリー氏だけの功績ではない。
考えても見て頂きたい。 実に多くの人々が、ハードだけではなくソフト面での開発を行ってきている。 このために、コンピュータというのは未曽有の発展を遂げてきた。 そして、私などが知らない未知の世界に突き進んでいる。 これは、もはや一部の人の特許を超越して、世界的な規模で拡がって行きつつある。 その中で、貴方がどれほどの役割を果たして行くか?
興味はこの一点に絞られてきていると言っても過言ではなかろう‥‥。


posted by uno2016 at 16:43| Comment(1) | 技術・商品情報 | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年下半期、読んで面白かった本のベスト10 (下)


さて、ともかくこの144冊の中からベスト10を選ばねばならない。
なんと候補作品は30冊近くになってしまった。
いつものことながら、この中からベスト10を選ぶと言うのは、容易ではない。 
その結果、どうしたかというと、13冊もあった面白いと感じた小説を全部まとめて10位としてしまった。
そして、どうしても優劣を付け難いので、なんと6冊もまとめて9位にした。 まさに玉石混淆の荒技。 というよりは、責任がとれないので、苦肉の策。
そして例年だと、選んだそれぞれの本のカラー表紙を掲載し、私なりの寸評を掲載した。
それを、今年は省くことにした。 
手抜きと思われるだろう。 しかし、私にはこれがベストの選択でしかなかった。
どうか、許して頂きたい。

その変わりとして、ベスト1位から5位までは、すでに本紙で取上げているので、その時評が掲載された時の日時と内容を同時に発表。 
いずれにしても今回の評価は、かつてのモノほど客観的とは言えず、場合によっては10位に記載されたものから1位となるものが出てもおかしくはなく、9位に上げれたものが2位になる可能性を持っている。
下記の順位は、2016年の12月29日の仮の順位に過ぎないと解釈頂いて良いようである。
その諸点を考慮の上、順位を眺めて頂きたい。

第10位
小説12点(含む上下刊)。
●誉田哲也著 「増山超能力師事務所」 (文芸春秋)
●幸田真音著 「この日のために」 池田勇人・東京五輪への軌道 (上) (下)  (角川書房)
●池井戸潤著 「不祥事」 (実業之日本)
●  〃     「七つの会議」 (日経新聞新書)
●  〃     「ようこそわが家へ」 (2013年) (小学館文庫)
●佐藤雅美著 「知の巨人・荻生徂徠伝」 (KADOKAWA文庫)
●中居真麻著 「今日から仲居になります」 (PHD研究所)
●黒木 亮著 「貸し込み」 (上) (下) (角川文庫)
●川渕圭一著 「窓際ドクター」 (幻冬舎)
●門井慶喜著 「シュンスケ!」 (角川文庫)

第9位 6点
●日経ホームビルダー著 「なぜ新耐震基準の住宅は倒れたのか」 (日経BP)
●山中伸弥・伊藤穣著 「プレゼント力」 (講談社)
●地球科学研著 「トコトンやさしい地球科学の本」 (日刊工業新聞)
●朝倉 慶著 「世界のトレンドが変わった」 (幻冬舎)
●山田 順著 「地方創生の罠」 (イーストプレス新書)
●篠田航一・宮川裕章著 「独仏《原発》二つの選択」 (筑摩選書)

8位。
●山口正洋著 「日本経済 世界最強論!」 (東邦出版)

7位。
●イアン・ミラー著 「水の歴史」 (原書房)

6位。
●石蔵文信著 「なるほど 育じい道」 (講談社)

5位。
●井形慶子著 「突撃! ロンドンで家を買う」 (ちくま新書)
10月30日付の「独善的週評」に詳細が出ています。

4位。
●プロジェクト編著 「荻窪家族プロジェクト物語」 (萬書店)
7月15日付の「今週本音」を読んでいただきたい。

3位。
●森 透匡著 「見抜き力 元刑事が教えるウソと心理」 (明日香出版)
11月6日の「今週の本音」を見ると、詳細が分ります。

2位。
●山田 順著 「地方創生の罠」 (イーストプレス新書)
10月20日の「今週の本音」欄を読んで頂くと、おおよそのことが分ります。

1位。
●祖田 修著 「鳥獣害」 (岩波新書)
9月16日の「独善的書評」と、9月20日の「今週の本音」を読んで頂くと、概略が分ります。

posted by uno2016 at 10:25| Comment(0) | 技術・商品情報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。